まなぼっと - 静岡県生涯学習情報発信システム

文字サイズ変更

駿府十返舎一九研究会さんのプロフィール
代表者氏名 大 畑 緑 郎
団体名 駿府十返舎一九研究会
団体の種類 公民館
所在地 〒420-0803
静岡県静岡市葵区千代田1-1-24
電話番号 054-247-2933
FAX 054-247-2933
自己紹介  駿府十返舎一九研究会(すんぷじっぺんしゃいっくけんきゅうかい)は、平成12年10月、静岡市長田公民館の自主活動グループとして発足した、十返舎一九についてを勉強する生涯学習の会です。
 定例会は毎月第4水曜日午後1時30分から2時間ほどで、一九の作品を輪読しています。一九は『東海道中膝栗毛』以外に数百の作品を残していますが、その多くは埋もれたままになっています。その作品をみんなで読むわけですが、変体仮名で書かれているため読みにくいところが多々あります。一日で数ページしか進まないことが良くあります。
 その他一九ゆかりの地ウォーキングや一九先生の墓参、一九展示会などへの協力行っています。会員は現在20名弱。郷土出身者で最も世界に通用する人物として大いに顕彰していきたいと頑張っています。
設立年月 2000年10月
団体の規模 構成員18人
教育や学習に
関する団体活動

【現在の主な活動】

①一九の未だ翻刻されていない作品の翻字
 ※翻字とは、当時の読みにくい字(くずし字)を現代の字体に改め、読みやすくしたもの。
②各公民館、各種団体への講演
③江戸時代の風俗を學ぶため、一九作品挿絵の水彩画・CGなどでいろ付け(毎年のカレンダー作成に応用している)
④一九の未だ知られていない事実の発掘

【過去の主な実績】

(1)展示会(協賛・協力)
 ①『十返舎一九と駿河の旅』2001.11
   主催:静岡市教育委員会/静岡市文化財協会
   於:静岡市文化財資料館
 ②『十返舎一九展』2002.3
   主催:(財)伊豆屋伝八文化振興財団
   於:伊伝ギャラリー
 ③『弥次喜多を生んだ男 十返舎一九と駿河府中』2003.11
   第58回NEWわかふじ国体 公開競技スポーツ芸術部門 
   主催:日本体育協会/文部科学省/静岡県/日本スポーツ芸術協会/静岡市
   協力:静岡大学人文学部
   於:静岡市市民ギャラリー
 ④『文化財とともに生きる展 協賛出品「地域文化財の伝承と保護事例 《駿府十返舎一九研究会展》』
   2005.11
   (財)伊豆屋伝八文化振興財団設立10周年記念
   主催:伊豆屋伝八文化振興財団
   於:静岡アートギャラリー
 ⑤日本近世文学会秋季大会 2006.11
  ◇公開講演会『生涯学習としての在地研究~駿府十返舎一九研究会を中心として~』
  ◇『駿府十返舎一九研究会展』
   主催:日本近世文学会
   於:グランシップ
 ⑥金沢大学市民大学院卒業式 2007.3
  記念講演『生涯学習としての駿府十返舎一九研究会』
  主催:金澤大学市民大学
  於:金沢大学
 ⑦生誕250年”十返舎一九を知っていますか”ミニ企画展
  主催:静岡市文化財資料館(浅間神社)
  会期:2014年7月26日から8月31日
(2)講演
  一九に関する講演など(アイセル・東部・藁科・大里・長田・焼津のそれぞれの各公民館/浅間塾/静
  岡市文化財協会)
(3)十返舎一九ゆかりの地探訪
  

【学校支援の実績】

①静岡市立長田西小学校
 NHK番組「たっぷり静岡」〈東海道ぶらり旅{駿府]〉で「東海道中と十返舎一九」の講話と、翻刻本の一部分から子供たちに弥次さん喜多さん・宿屋の主人・ナレーションをしてもらう。
 ・・・方言や昔の言葉のため、最初戸惑っていましたが、時間とともに次第に言葉使いに馴れ、それぞれの主人公になり切り、楽しい雰囲気となっていきました。心配していましたが、終わってから、たくさんの質問も出ました。私たちが子供たちに物事を理解してもらうためには、私たちが一方的に話をするよりも、一緒になって場を作り出していくことの大切さが必要であることを痛感しました。

学習情報 最新10件 一覧はこちら
学習情報が登録されていません。
活動報告 最新10件 一覧はこちら
活動報告が登録されていません。